2010年11月28日日曜日

劇的な試合ナシオナルB第16節ウニオン戦

11月27日21:10からアウェイであるサンタ・フェで行われたウニオン戦。
いや~劇的すぎた。勝てなかったけど、勝ち点がとれたのは本当に十分すぎる試合でした。
前半4分で先制されて、その後フリーキックで追加点をいれられるが、この得点が無効に。
後半になって少しづつセントラルはエンジンが入るが、それでも、完全にウニオンペース。後半30分になってようやく主導権を握るが、なかなか点が返せない。ロスタイムの4分になり、最後のチャンスで、フィゲロアの足元にボールが・・・反転してシュート、ゴール!
結果1-1で勝ち点1ゲットです。ゴール後そのまま試合が終わったが、納得のいかないウニオンの選手たちが、警察に詰め寄る。
ただ、マイナス点もある。イエローを多くもらったため、累積がたまった点が心配である。
土曜日消化の16節が終わった時点で暫定6位で首位のアトレティコ・ラファエラまで勝ち点差5である。次節17節は、ホームでアミーゴ・フヘーニョことお友達のヒムナシア・フフイとの試合です。
出場メンバー
1:GK:ホルヘ・ブラウン
2:DF:ナウエル・バレンティーニ
13:DF:フランコ・ペッピーノ
3:DF:ディエゴ・ブラギエリ
:DF:ロベルト・ギサソラ
5:MF:クリスティアン・ゴンサレス
10:MF:ジョナタン・ゴメス
14:MF:ディエゴ・ゴンサレス
16:MF:ディエゴ・チソッフ
9:FW:ルシアーノ・フィゲロア
7:FW:アントニオ・メディーナ

ホセー・シャッフェル
(得点):後半48分、フィゲロア(ラストプレー)。
(交代)後半0分 13:DF:フランコ・ペッピーノ→ホセー・シャッフェル、16:MF:ディエゴ・チソッフ→マルティン・リベーロ、後半21分 14:MF:ディエゴ・ゴンサレス→ベラスケス
(イエローカード)ディエゴ・ゴンサレス、ペッピーノ、ギサソラ、バレンティーニ
(レッドカード)後半1分:リビオラ(セントラルの監督)、クデルカ(ウニオンの監督)

video

2010年11月23日火曜日

B Nacional Fecha 15 contra Tiro Federal


Rosario Central.orgさんのYOUTUBEでの動画のティロ フェデラール戦のサポーターの様子です。
果たして、リーベルやボカのサポーター達が2部に落ちたら、スタジアムを満員の4万人にし、歌いフィエスタをここまでできるでしょうか?
ちなみにチケットの値段はPrimera(一部リーグ)にいたときと変わらない、ソシオじゃない人は、Platea(指定席)=A$100(¥2000程度)、Plateaのヘノバ(大型ビジョンがあるほう)側の両端のみA$50(\1000)。Plateaは、ソシオには、A$40で販売されます。Popular(自由席)はソシオのみで、入場無料である。ソシオは毎月A$70程度かかります。(ポルテーニョスのクルーブスよりも高いです!)
somos diferente!!!!!

2010年11月21日日曜日

サポーターソング:7

続々と新曲ができているが、しばらく更新していなかったため、久々のサポーターソングのコーナーです。


yo sabia que te gusta chamuyar
y ahora te voy a contar
yo te avise, ñubel yo te avise
sabias que te la ivamos a matar
pecho puto te cabio por gil.
te la robe, y yo te la robe
que yo no soy como vos
y me paro de manos
que con la banda loca del guerrero corres siempre como un cagon
ya todos saben que vos
no vas a ningun lado
que sos amigo de la yuta y que sos un refugiado.
lloran lo pecho porque no tienen el trapo
estan con la yuta, que la vengan a buscar
yo soy guerrero y te sigo de corazon
ponga huevo porfavoor, porque esta tarde tenemos que ganar
(訳)俺はお前がうそつきなのを知っていた。
   そして、いま、おまえに語る。
   おまえに教えるよニューエルス
   俺たちはお前をやりにいったのをしってるかい?
   おっぱい(ニューエルス)おまえはバカによってきれいになったよ。
俺はお前たちの横断幕をとったよ。 俺はお前たちの横断幕をとったよ。
   俺はお前と違う。
   お前がクソ野郎みたいにいっつも逃げ回っているのを見て、俺はかれたセントラルのインチャーダロス・ゲレーロスと共に手が止まったよ。
   もうお前がどこのスタジアムへ行かないことはみんな知ってるよ。
お前は警察の友達で、逃亡者だ。
   おっぱい(ニューエルス)は横断幕をもう持ってないから泣いている。
お前は警察と一緒にいて、やつらと一緒に横断幕を取り返しにくるだろ?
   俺はゲレーロで、お前(セントラル)に心から忠誠している。
   今日の昼俺たちは勝たなければいけないから、頑張ってください。。


この曲は、セントラルのサポーターが彼らから献上された、『40,000 de visitantes』(40000人のアウェイ)の旗の件について歌っている。これは、彼らとけんかになった際、彼らは全面降伏し、この横断幕をゲレーロに献上したものである(笑)
彼らがいかに情けなく見栄を張ってたたのかがいまさらながら、おおやけになりました。
ちなみにこの横断幕は、↓のように彼らのインチャーダの中心に掲げられる横断幕である。


↓はその際服従している、ペンギン(ニューエルス)。改めて言うけど、ロサリオにはセントラルだけ。メッシの活躍もあって、知名度だけはあっても、ニューエルスはサポーターも少なく、ロサリオを代表するチームではありません。試合から逃亡する逃亡者たちのチームです。



原曲:Grupo Play/Llora me llama(いまアルゼンチンで流行っています。)

ナシオナルB第15節。ティロ・フェデラール戦

video
第15節は、ホーム(ヒガンテ・デ・アロシート)で同じロサリオに本拠を置くが、サポーターが少ないティロ・フェデラールとの試合でした。
一方的な試合で、主導権を握り多くの決定機を作るが、フィゲロアを中心にはずしまくる・・・
が、後半35分PKを得て、フィゲロアがきっちりと決め、決勝点で、きっちりと勝つ。
出場メンバー
1:GK:ホルヘ・ブラウン
2:DF:ナウエル・バレンティーニ
13:DF:フランコ・ペッピーノ
16:DF:ディエゴ・チソッフ
:DF:セルヒオ・ロドリゲス
:MF:ホセー・シャッフェル
8:MF:オマール・サリフ
14:MF:ディエゴ・ゴンサレス
31:MF:マルティン・リベーロ
9:FW:ルシアーノ・フィゲロア
7:FW:アントニオ・メディーナ

(得点):後半35分、フィゲロア(PK)。
(交代)後半0分 マルティン・リベーロ→ベラスケス、後半13分 オマール・サリフ→クリスティアン・ゴンサレス

次節の16節はアウェィでウニオン・サンタフェ(Union santa fe)戦。まだ、時間や日にちは決まっておりません。ロサリオが属しているサンタ・フェ州の州都に本拠地を置くチームです。
明日(本日)15節の残り4試合が行われるため、暫定順位になりますが、6位に浮上し、2位のインスティトゥートと勝ち点3差です。

2010年11月16日火曜日

ナシオナルB第14節。アトレティコ・トゥクマン戦。

video
第14節は、ロサリオから遠く離れた(約800km)アウェイのトゥクマンで,11月15日月曜日に行われた、Atletico Tucuman戦。
結果は4-2の敗戦です。ビデオをみてもらえたら、明白ですが、相手の同点弾はラインを割っていないにもかかわらずのゴール判定の誤審でした。
多くの逆転のチャンスがありながら、逃し、3つのゴラーソを決められるセントラルにも非がありますが、確実に誤審によって、落とした試合です。本当にAFA(グロンドーナ)に嫌われています。
ただ、移籍話があったが、結局残留した、ナポリのラベッシの先輩であるディエゴ・チソッフが久々にスタメンで先発し、活躍したことは明るい材料である。

出場メンバー
1:GK:ホルヘ・ブラウン
2:DF:ナウエル・バレンティーニ
6:DF:ディエゴ・ブラギエリ
16:DF:ディエゴ・チソッフ
13:DF:アレクスィ・ダネロン
5:MF:クリスティアン・ゴンサレス
8:MF:オマール・サリフ
14:MF:ディエゴ・ゴンサレス
31:MF:マルティン・リベーロ
9:FW:ルシアーノ・フィゲロア
7:FW:アントニオ・メディーナ

(得点):前半6分、14:ディエゴ・ゴンサレス、後半20分、5:クリスティアン・ゴンサレス
(交代)【73分】13:ダネロン→16:ベラスケス、【81分】8:サリフ→10:J.ゴメス、【90分】5:C・ゴンサレス→32:デ・レオン

順位表は↓で。この試合の対戦相手が勝ち点26に伸ばし、首位に。セントラルは勝ち点19の9位で、自動昇格圏まで、5ポイント差である。
次節15節は、11月20日(土曜日)19:00(日本時間11月21日7:00)から、ホームに同じロサリオのチームTiro Federal(ティロ・フェデラール)を迎えての笑えないBでのクラシコ????です。。。。
そういえば、私がかつて、住んでいた近く(2月27日通り/サン・マルティン通りからサルミエント通り)のZona surで、ニューエルスのペンギン(pinguinos)たちが壁に汚い赤と黒で絵を描いて、数人逮捕されました。facebookで彼らの仲間うちでのペンキ塗り情報が最近流行の流失で流れました。ペンギン達よ襲われて逃げるよりも逮捕でよかったね!!!Rosario es de Central!!!
Vamos Central Carajo.Te Queremos Ver Campeon!!!

2010年11月13日土曜日

ナシオナルB第13節 インスティトゥート戦

更新をしばらく怠っていましたが、地球の裏側のゲレーロス(セントラルのインチャーダ)をみていたら、更新しなければいけないと感じ、再開します。

第13節ホームで嵐の中,11月8日月曜日に行われた、Instituto戦。
出場メンバー
1:GK:ホルヘ・ブラウン
2:DF:ナウエル・バレンティーニ
6:DF:ディエゴ・ブラギエリ
4:DF:ロベルト・ギサソーラ
3:DF:ホセー・シャッフェル
5:MF:クリスティアン・ゴンサレス
8:MF:オマール・サリフ
7:MF:ディエゴ・ゴンサレス
10:MF:ジョナタン・ゴメス
9:FW:ルシアーノ・フィゲロア
11:FW:アントニオ・メディーナ

(得点):前半1分、メディーナ。
(交代)【53分】10:ゴメス→18:ハビエル・トレド、【69分】6:ブラギエリ→13:ペッピーノ、
【86分】11:メディーナ→16:リベーロ

とても二部にいるとは感じさせない雰囲気(ヒガンテはいつもこうだ。)の中行われた第13節。開始早々メディーナの強烈なシュートで先制すると、スタジアムの雰囲気は最高潮に。
第12節はコリエンテスのチームボカ・ウニードスに2-0で負け、監督が辞任したが、この勝利をきっかけに巻き返してほしいものである。
次節の14節は11月15日21:05から(日本時間16日9:05)、一緒に降格した、トゥクマンでのアトレティコ・トゥクマン戦です。ゲレーロスが入れないため、厳しいゲームになると予想されるが、勝ちたいものです。
二部に降格し、試合を見れるサイトが減りましたが、ここでは中継があると思うので、見てください!
順位はこの時点では6位。自動昇格の2位まで勝ち点4差である。まだまだ優勝も狙える。
↓は4チームが14節を消化した今日時点の順位表である


↓はサポーターの様子。